KC-PGS2 40・60sPyrolytic Highly Oriented Graphite Sheet

PGSグラファイトシートは、高分子フィルムを熱分解によりグラファイト化するという方法で作られた単結晶に近い構造を持つ「高配向性」グラファイトで、高い熱伝導性とフレキシブル性等の特徴を持った放熱シートです。

【主な特長】

  • 非常に高い熱伝導率
    • 1500〜1700W/(m・K)(平面方向)。
      銅の4倍、アルミニウムの6倍
  • 軽量:密度 2.1g/cm3
  • 柔軟なシートで、加工が容易
  • 小さい熱抵抗
  • RoHS指令適合製品
【PGS2の一般特性】 PGS2 40 PGS2 60s
 項目 特 性
 厚さ 0.025±0.010mm
 密度 2.1g/cm3
 大きさ 40×40±1mm 60×60±1mm
 熱伝導率(平面方向) 1500〜1700W/m・K
 熱伝導率(厚さ方向) 10〜15W/(m・K) 0.8〜0.9W/(m・K)
(粘着剤)
 電気伝導度 20000S/cm
 引っ張り強度 30.0MPa
線膨張率  面方向 9.3×10-7 1/K
 厚さ方向 3.2×10-5 1/K
 耐熱性 400℃ 85℃(粘着剤)
 耐屈曲性(180°R5) 10000サイクル

【KC-PGS2 40・65sについて】

  • 生産ムラにより、グラファイトシート表面に打痕・スジがついているものがありますがご容赦ねがいます。
  • 輸送状態により、打痕などがつく場合があります。気になる方は輸送方法を御指定ください。
    ただし、性能にはほとんど影響しません。
DirectShop ZERO