実験1
オイルコンパウンド(グリース)の評価 1 (2001.6.18)

CPUの放熱用コンパウンド(G765、G751、Arctic Silver2)と、PGSグラファイトシートシリコン積層品、PGSグラファイトシート単品のソフトウェアモニター上のコア温度と、コアの真上のヒートシンク温度を測定し、熱伝達材の効果を探る。

実験2
オイルコンパウンドの評価 2 (2001.10.1)

CPUの放熱用コンパウンド(G751、PremiumThermalCompound、αGelpaste)と、PGSグラファイトシート、eGRAFを使用した時のソフトウェアモニター上のコア温度と、コアの真上のヒートシンク温度を測定し、熱伝導材の効果を探る。

実験3
吸音シート評価 (KC-AM210) (2002.1.20)

吸音シート(KC-AM210)のノイズ低減効果を確認する為、次のような簡単な実験をした。
1.PCケースファンのサイレンサー内側にPhoto1の様に吸音シートを貼り付ける。
2.騒音計を45cmはなれたところに設置し、吸音シートの有無によるノイズレベルの違いを測定する。

実験4
熱伝導性フェイズチェンジシート PCS40 の評価 1 (2002.4.10)

新世代熱伝導シート、「熱伝導性フェイズチェンジシート PCS40」の簡単な評価を行った。
Dual CPUマシーン(1GHz×2)に負荷をかけ未負荷時温度との差、CPU1とCPU2との温度差を確認した。

実験5
Mem Cool 評価(Graphite Board) (2003.5.15)

実験6
Therml Compound ZERO 評価 (2004.6)

実験7
Therml Compound ZERO Spec2 評価 (2005.5〜2006.1)


1 KC−G751の情報と共に自己満足PCの情報をお送り致します。

静岡県静岡市 鈴木様